2016.09.13

私見による機器選定される時の考え方

160913

 

こんばんは。
今回は、機器の選定に関して私見を述べさせて頂きます。

まず、先生方が何を目的とされているのかを明確化する必要があろうかと思います。
新たに治療項目を増やしたいため。
治療効率を上げるため。
患者満足を上げるため。
お持ちの機器が古くなったので、同じ機能を有する機器に買い替えのため。
あまり使用するケースは少ないが、クリニックのブランディングのため。(どんな治療もできるとか、最新機器が取り揃えられているとか)
先生方の研究や勉強のため。
収益を向上させるため。
等々、様々なお考えがあろうかと思います。

それをもう一段階掘り下げると、先生方が経営されているクリニックの将来のため、収益と患者さんに喜んでもらうための二つを両立させる事にならないでしょうか。

先生方の知名度が上がるといったことも、患者さんに選択される可能性の向上につながりますし、他の先生やメーカーからの最新の情報が入手できる可能性が高まります。
又、自分の患者さんではなくても、患者さんが喜んでくれるケースが増える事自体で、美容医療市場が拡大していくことにもつながります。

機器を選定されるときは、スペックも大切ですが市場でどのような評価を受けているのかも重要な事だと思います。
新しい治療を行う場合も理論的な整合性があることや、物理学的に納得のいく技術なのかも重要です。

動きだけを真似たコピー商品も多くあるため、一見すると同じスペックに見える場合も多々あり、見極めが難しいと思います。ですが、スペックと同時に治療プロトコルに何かしらの基準値がないと、思うような結果が出ないという事もあると思いますので、まずは

先生がどのような切り口で、どうされたいとお考えなのか。

そしてその結果、ご自身がどうなれば良いのか。

患者さんがどうなれば良いのか、を追求してお考えになれば、その投資の採算が取れたのかが明確ですし、機器選定のポイントも明確になります。
変わりなく安定的な経営をされようとしても、環境や患者ニーズには変化がありますので、常に変化するなど、いつでも変化できる状態でいる事は非常に重要だと思っています。
私共メーカー側も同じで、常に変化し続け先生方のニーズに応えられる事を意識していかなくては将来はないという事だと思っております。

なんだかまとまりが無い記事になってしまいましたが、経営という観点で考えてみました。

The following two tabs change content below.
杉野崇広

杉野崇広

医療美容機器アドバイザーメディカランド株式会社
メディカランド株式会社勤務。技術者、営業、マーケティングなど様々な顔を持ち、その多岐にわたる経験を生かし様々な角度から物事を見る事ができるのが強み。 何事にも興味を示すため、専門外の事も広く(でも浅い(^_^;))知識を有する。こいつは、お金も好きときているので儲け方も詳しい。「売上アップの相談」はぜひ。
杉野崇広

最新記事 by 杉野崇広 (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/infact-m2/www/biyo-station.tokyo/blog/wp-content/themes/theme_b2c/content-single.php on line 103
LINE it!
PAGE
TOP